cad software

クイックリンク

提案

2人のデザイナーが選んだ唯一無二のCADソリューション

ポーランドで最初のZWCADユーザー2人が、ZWCADを長年使用する経験を聞かせていただきました。

2020-03-23 16:53:00 792

全文

2019年末、デザイナーWiesławOlesiak氏とJanuszDrożak氏は、ポーランドのZWSOFTパートナーSZANSAから、ZWCADとの過去、現在、未来についてのインタビューを受けました。

 

インタビュー内容の詳細については以下の動画でご覧ください。

 

 

中小企業を支え続けていくCAD ソリューション

 

中小企業とはいえ、会社を存続し続けるのは決して簡単なことではありません。特に小規模な設計事務所に対して、CADソリューションの選択は極めて重要です。もし自社に適したソフトウェアを選択しなければ、コストが高騰してしまう恐れがあります。

 

Wiesław Olesiak氏もJanusz Drożakも、デザイナーとして会社を経営し、設計プロジェクトの全てを自ら担当しています。そんな彼らも20世紀後半から互いに協力体制をとるようになりました。 彼らは、デザイナーとしての地位を確立させていくにつれて、現在のCADソリューションから他の低価格かつ強力なCADソリューションに転換しなければ、ソフトウェアのコストが高くなり、今後のデザイナーとしての活動に支障をきたす恐れがあると気付いた。

 

2006年に、Drożak氏は数あるCADソリューションの中からZWCADを試しました。そしてZWCADの有用性に気づき、いち早くOlesiak氏にも薦めました。二人とも、ZWCADは複雑なプロジェクトにも耐えうることが出来る、ビジネスを構築するために最適なソリューションであると判断した。

 

ZWCADは小規模事務所にとって他のソリューションよりも利用しやすいと思います」(Drożak氏)

 

図1. 2018年に設計されたポーランド、ビエルスコビャワでのアパート

 

ZWCADで完成したプロジェクト

 

ZWCADで設計した最初のプロジェクトは、Sucha Beskidzkaにある病院の救急病棟でした。彼らは建築図面の作成から、現場監督までトータルで担当しました。新しい急な要求があったとしても、ZWCADがあったから図面の編集およびプロットを簡単に行うことが出来ました。

 

ZWCADのおかげで、設計を簡単に完遂させることができます」(Drożak氏)

 

彼らは自ら設計の代表作品(フォルクスワーゲングループが出資したカーサロン)について話すとき、誇りと喜びに満ち溢れた。出資者による概念設計と修正要求に基づいて、二人は約9年間もプロジェクトに取り組んでいた。その間、大量の大きなDWGファイルを取り扱っていましたが、もしZWCADが互換性、安定性、スピード感が不十分だった場合、二人の努力は実ってはいなかったことでしょう。 

 

ZWCADは私たち二人のすべての要件を満たしています」(Olesiak氏)

 

彼らの仕事のスケジュールは非常にタイトです。「時は金なり」という言葉が差す通り、安価でも使い物にならなければ意味が無いので、二人は最初、ZWCADへの切り替えを躊躇っていました。それでも、直観的なユーザーインターフェイスと便利な機能により、学習時間の短縮のおかげで、市場投入までの時間が大幅に短縮され、二人はZWCADを導入する決心をしました。

 

図2. ZWCADで設計された、ポーランドのビエルスコビャワで建設予定の教会

 

ハイテクに不可欠なハイタッチ・サービス

 

しかし、いくら優れていたとしても、技術的なサポートが不十分ないソリューションを利用し続ける人は当然いません。 二人のオフィスはSZANSAのオフィスから徒歩5分であるため、Drożak氏とOlesiak氏はいつでもSZANSAに立ち寄って、問合せしたり、ZWCADの新機能に関する定期的な会議を開催したりして、問題を解決し、ZWCADの最新情報を獲得していました。

 

ZWSOFTは現地でサポートが提供してくれるのもZWCADを選択する原因です」(Olesiak氏)

 

ZWSOFTが提供するハイテクサービスもハイタッチサービスも、二人のデザイナーが素晴らしい立場を維持するのに貢献しています。二人はこれからもZWCADを使って魅力的な建築を設計し続け、ポーランドにもっと美しく飾っていくことでしょう。

お客様が当社のウェブサイトをより快適にご利用いただくために、また、適切な情報を表示するために、クッキーが使用されます。もっと詳しく知る