cad software

クイックリンク

提案

歩かずに楽しめるドイツ最高峰、その裏にはZWCAD

2015年以来、Bayerische Zugspitzbahn Bergbahn AG(以下、BZBと略す)はZWCADを信頼して、より多くの観光客をロープウェーや鉄道でツークシュピッツェ山及びその近くの山へ運びます。

2020-06-24 16:35:00 1209

全文

 

1930年に、 BZBはそのビジョンと使命による、世界中の観光客にドイツの最高峰絶景体験を提供してきました。

その中、エンジニアリングプロジェクト、特にエレベーターシステムに関するプロジェクトは、大きな課題としてチームに立ちはだかっていました。

ZWSOFTのポーランドのパートナーであるSZANSAが開発したアドオンである ZWCAD MechanicalArchitecture、およびZWTrafficを使用したインフラプロジェクトが多くあります。

これらのアドオンは、交通標識の配置に使用され、多くの道路工事のスペシャリストが愛用しています。

そんなZWCADの活躍により、多くの観光客の方がツークシュピッツェ山、ガルミッシュ クラッシック、ワンクマウンテンを速く安全に楽しんで貰えるようなりました。

今回はZWCADがどのようにして導入されたのかをリアルなストーリーでお届けします。

 

ドイツ最高峰への「障害」

ロープウェイ、登山鉄道或いはケーブルカー、どの呼び方でもどの呼称でも広く親しまれています。しかし、このドイツ最高峰、ツークシュピッツェ山の場合では、ロープウェイの建造は簡単ではありません。

2014年の秋、建造プロジェクトが始まりました。このプロジェクトは、5000万ユーロ、数百人のスタッフで、3年以上かけて完成したメガプロジェクトです

time-lapse.gif

このプロジェクトを完成させるためには、エンジニアリングソフトウェアが大きな役割を占めていましたしかも投資収益率の観点から見ても、とても大きな比重を占めていました。

順調に進むプロジェクトですが、一つの課題が現れました。

それは、以前、プロジェクトチームが使用していたCADソフトウェアのライセンスポリシーが年間サブスクリプションに変更したため、突然予算不足になったことがわかりました。

増える財務コスト、プロジェクトリーダーの焦りは募ります。

建築家や電気設計家、ITエンジニア・・・様々な職種が入り交じる現場では、チームメンバー全員がCADについて同一の知識を持っているとも限らず、その差は予想以上に大きなものでした。

 

しかも一部の設計が外部に委託されていたため、dwgの互換性にも課題がありました。スタッフチームは大きなサイズのファイルの表示も頻繁に使用していましたし、編集及び印刷が必要なので高速dwgオープンは必須でしたし、ソフトウェアの安定性は高い水準を求めていました。

 

汗を流せ、血を流すな(Erwin Johannes Eugen Rommel

ZWCADのドイツのパートナーであるencee CAD/CAMはかねてより良好な関係を築いていました。藁にもすがる思いでプロジェクトチームはZWCAD Mechanicalを試すことにしました。

テストの結果は、驚くほど良い結果となりました。

これを受けてチームリーダーは、以前使用していたCADソリューションを、手頃な価格で互換性が抜群なZWCADに置き換えると即断しました。

 

ZWCADはドイツ語対応しており、直感的なユーザーインターフェイスが強みです。

チームメンバーは「ファイルがどのフォーマットでも問題なく開ける」、「新しく採用されたソリューションでも再習得することはいらない」と不安だった気持ちもすぐに晴れたようでした

「私たちはenceeと非常に良い関係を築いています。彼らからのサポートは効果的かつ迅速です。Encee社ZWSOFT社との協力で、緊急なプロジェクトでもうまく行けています。」

これはお客様から頂いた率直な意見です。

One of the drawings BZB created with ZWCAD 

1. ZWCADで作成された図面の1

 

プロジェクトのその後~世界最高峰への挑戦と結果

恐ろしい高度、天候、技術的な課題を克服したツークシュピッツェ山ケーブルカープロジェクトチームは、3つの世界記録を打ち破りました。最高度のロープウェイ鉄塔。同一セクションで最大の全高差。支柱を持たない最長のケーブルカー。その同時に、彼らは観光客をツークシュピッツェ山頂上まで快適な旅を提供するという約束を守りました。

3 world records.gif

一時間に580人もの観光客を、2台の車両で頂上まで快適に招待します。頂上では、展望台で息をのむような風景を、パノラマでお楽しみ頂けます。さらに、素晴らしい景色を望みながらレストランで食事をしたり、博物館でツークシュピッツェ山について学んだり、居心地の良いイグルーの村でイヌイット族のライフスタイルを体験したりして、素晴らしいアクティビティを体験することが出来ます。

2007年、ツークシュピッツェ山の頂上から約300メートル下を走るバイエルンのツークシュピッツェ山鉄道は、ドイツの土木工学の歴史的ランドマークにノミネートされました。その10年後、ツークシュピッツェ山のケーブルカーはZWCADの支援により、新たな高みに到達しました。

(すべての画像はBZB社提供)

 

█ 連絡先

電話: +86-20-38289780

Fax: +86-20-38288676

お問合せ: salesjapan@zwsoft.com

お客様が当社のウェブサイトをより快適にご利用いただくために、また、適切な情報を表示するために、クッキーが使用されます。もっと詳しく知る