日本語

ZW3D

ZW3D

ZW3D

menu

Happy CADing:赤外線体温計の設計方法

August 13, 2020    

感染拡大以来、公共施設などで検温用の赤外線体温計がよく見られます。体温の確認は感染拡大を防ぐ上で重要な手段です。こんな重要な役割を果たした赤外線体温計は、ZW3Dで設計出来ます!では、その設計方法を見てみましょう。


image.png


1. ZW3Dで設計された赤外線体温計


ステップ1:温度計の大まかな輪郭をYZ平面で描きます。このステップでは、実際の製品の写真を参照用にZW3Dにインポートすることもできます。


image.png


2.温度計の輪郭を描く


ステップ2:温度計のヘッドのプロファイルを作成します。

ここで、各プロファイルは、交点が接続され、輪郭によって作成されたブレンド曲線です。

プロファイルをどう作成しますか?

まず、「参照」コマンドで、始点と終点を作成します。詳細は下図に示すように参照点を作成します。次に、プロファイルに接する2つの補助線を作成します。最後、参照点を接続し、構築線に接するブレンド曲線を作成します。


image.png


3.体温計のヘッドのプロファイルを描く


連続性の基準となる上部及び下部の輪郭を押し出します。次に、「メッシュサーフェス」コマンドでヘッドのサーフェスを作成します。そして、ヘッドサーフェスと押し出しサーフェスの間にG1(接線)連続性を設定することを忘れないでください。


image.png


4.体温計のヘッドのサーフェスを作成する


ステップ4:ハンドルのプロファイルを描いたら、上記のステップのようにハンドルのサーフェスを作成します。


image.png


5.温度計のハンドルのサーフェスを作成する


ステップ5:ヘッドのサーフェスにハンドルの輪郭と交差する曲線を作成します。次に、ヘッドのサーフェスを曲線でカットします。


image.png


6. ヘッドのサーフェスを曲線でカットする


ステップ6:ヘッドとハンドルの間に接続サーフェスを作成します。 接続サーフェスは、隣接するすべてのサーフェス間に接線連続する必要があります。


image.png


7.ヘッドとハンドルの間の接続サーフェスを作成する


ステップ7:見た目はよくなるように、エンドキャップとフィレットを追加します。次に、表面を厚くしてソリッドにします。これで、体温計の半分の部品を完成しました。


image.png


8.表面を厚くしてソリッドにする


ステップ8:ミラーリングコマンドで、半分の部品をミラーリングし、体温計のボディを完成します。


image.png


9.半分部品をミラーリングして体温計のボディを作成する


ステップ9:ロゴ、パネル、ボタンとトリガー用の穴、LCD画面など、体温計にいくつかのフィーチャーを追加します。


image.png


10.体温計にフィーチャーを追加する


ステップ10:「分割」コマンドで、体温計のシェープを分割し、バッテリービンのカバーと赤外線センサーを作成します。


image.png


11.バッテリービンのカバーと赤外線センサーを作成する


ステップ11:トリガーとボタンを作成します。これで、体温計の設計が完成しました。


image.png


12. 体温計の最終設計


ZW3Dで赤外線体温計の設計方法は分かりましたか?パワフルなスケッチツールとモデリングツールを備えば簡単な仕事になります! 自分で設計してみてはどうですか? ZW3Dをダウンロードして、始めましょう!

最後に、一日も早い終息と、皆さまのご健康を心からお祈り申し上げます。




█ お問合せ先

ZWSOFT社 日本営業

Tel: +86-20-38289780

Fax: +86-20-38288676

E-mail: salejapan@zwsoft.com


© 2020 ZWSOFT CO., LTD.(Guangzhou) All rights reserved. Privacy Policy.

All other trademarks cited herein are the property of their respective owners.

For your better experience on our website and the display of relevant information, cookies will be used. Learn More