日本語

ZW3D

ZW3D

ZW3D

menu

ZW3D 2021: より複雑な設計・製造に対応し続く

September 25, 2020    

中国広州20201012– ZW3Dは本日より正式リリースいたしました。より複雑な設計に対応し続く本バージョンは、多くの機能追加と機能強化を行っています。よりフレンドリーな操作性とともに、より効率的で高品質な製品設計・製造環境を提供致します。


フレンドリーなユーザーエクスペリエンス

属性変換

ZW3D 2021のトランスレータは、主要な3D CADの最新バージョンに対応致しました。また、ファイルをインポートする時に、非表示または、抑制されたコンポーネントや材料などのパーツ属性まで読み取ることができます。


CSYS

新しい座標系で、複数のローカル座標系(LCS)を作成できるようになりました。また、必要に応じて各ローカル座標系を作業座標系としてアクティブすることもできます。


zw3d 2021_csys.png

1. 複数の座標系で設計


データム軸

ジオメトリックオブジェクトから生成する新しいデータム軸は、回転の中心として利用できます。また、同心円拘束の追加にも利用できます。この2つの新機能により、設計の柔軟性が大幅に向上しましました。


CAD機能改善

スケッチ設計とモデリング

曲線間のG2ブレンドをサポートできるようになりました。これで、等曲率拘束でより滑らかな曲線とサーフェスを作成できます。豊富なシンボルとシェイプマークを備えたコスメティックスケッチは、モデリングプロセスの参照を提供することがサポートできるようになりました。

zw3d 2021_Equal Curvature Constraint.png

2. 等曲率拘束でより滑らかな曲線とサーフェスを作成


モデリングに関しては、G2 ブレンドがサポートされたことにより、より高精度のフィレットまたはブレンドフェースの作成ができるようになりました。以前は、交差した複数のフェースをトリムするのが面倒な作業でしたが、今は、クロストリムで一括実行することができます。非常に便利かつ効率的になりました。

zw3d 2021_Cross Trim.png

3. クロストリムで複数の平面を同時にトリミング


アセンブリ

正確な配置を必要としない予備部品などを仮想コンポーネントとして挿入する場合、 「配置されていないコンポーネントを含める」が役立てます。

また、クリアランスチェックは、部品間の最小距離を検出するのに役立ちます。

さらに、バッチ属性編集と拘束編集で、複数のコンポーネントの属性と拘束を一括編集できるようになりました。生産性を向上させることができます。

zw3d 2021_Edit Constraint.png

4.複数のコンポーネント拘束を一括編集


板金

ZW3D 2021では、半径ゼロのフランジが必要な方のために半径ゼロのフランジをサポート致しました。

板金設計の重要な機能、パンチをアップグレードしました。

また、フィレット、オープンフェース、さらには外部z3prtファイルからのシェイプを設定できるようになりました。

zw3d 2021_Zero-radius Flange.png

図5.半径ゼロのフランジ



計測機器用検査ポイントテーブルや寸法テーブル、電子回路レイアウト設計用の新しいECADモジュールなど、見逃せない多くの新しいCAD機能が数多くサポートされました。


CAM機能アップグレード

旋盤加工

ZW3D 2021では、カスタム部品をストックとして指定することができます。

また、旋盤加工に五角形、六角形、八角形の切削工具をサポートしました。


検証

ソリッド検証「Rapid To end」の処理時間は、前バージョンと比較して数分から数秒と大幅に短縮しました。

Machine BuilderMachine RegisterCNC Controllerによりフルマシーンシミュレーションがより強力になりました。

Machine Builderは、外部マシンのインポートとカスタマイズを行います。

Machine Registerは、座標系の設定と工具補正の定義を行います。

CNC Controllerは、シミュレーションするコントローラを指定します。


zw3d 2021_Full Machine Simulation.png

6. アップグレードされたフルマシンシミュレーション


出力

お客様の要望により、ZW3D 2021では、CAM操作リストをExcelにエクスポートすることができるようになりました。テンプレートをカスタマイズして、座標を表示、非表示にすることもできます。さらに、新しいブラウザを開く代わりに、ZW3Dでポストエディタを開くことができるようになりました。


zw3d 2021_built-in Post Editor.png

7. 組み込みのポストエディタ



ZW3Dは、より複雑な設計・製造への取り組みを支援するために、ユーザーエクスペリエンスの向上、CAD機能の拡張、CAM機能のアップグレードを致しました。

新しいZW3D 2021試してみませんか

ご質問、ご要望などございましたら、下記連絡先、または公式Facebookページまでご連絡ください。



ZWSOFTについて

ZWSOFT社は、信頼性の高い革新的なエンジニアリングソフトウェアプロバイダです。主力製品はZWCADZW3Dです。ZWSOFT社は、「オールインワンのCAxソリューション」でAECMFGなどの多様な業界の幅広いニーズに応え、世界中のユーザーに完全かつシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供しております。 業界で20年以上の経験を持ち、ZWSOFT社の製品及びサービスは、世界90カ国以上、900,000人以上のユーザー実績から実証されています。


█ お問合せ先

ZWSOFT社 日本営業

Tel: +86-20-38289780

Fax: +86-20-38288676

E-mail: salejapan@zwsoft.com




© 2020 ZWSOFT CO., LTD.(Guangzhou) All rights reserved. Privacy Policy.

All other trademarks cited herein are the property of their respective owners.

For your better experience on our website and the display of relevant information, cookies will be used. Learn More