ZWCAD2019 プレビュー版リリース!

August 03, 2018     ZWCAD 2019ベータ版

ZWCAD2019 プレビュー版は、多数の非常に期待されている新機能を実現しました。体験してみましょう。


ZWCAD 2019の新機能を見てみましょう。

 

PDFアンダーレイ・DWFxアンダーレイ

PDFとDWFxは、図面を保護するため、DWFの進化したフォーマットです。現在は、PDFとDWFx両方もアンダーレイとしてZWCADにアタッチし、表示することができます。それに、PDFアンダーレイでは、オブジェクトをスナップしたり、画層を管理したり、アンダーレイをクリップしたり、透過性を調整したり、フレームを表示/非表示にしたりすることができます。


2_.jpg


そのようにして、PDFアンダーレイの豊富な機能をご利用でき、必要な図面または図面参照を入手できます。


注釈オブジェクト

注釈のある図面をより小さい尺度にプロットする場合、ビューポートには、注釈のサイズも同時に小さくなり、見えなくなる恐れがあります。


現在、注釈を注釈オブジェクトに変更すると、ビューポートには、注釈のサイズは図面のサイズ尺度によって、自動的に注釈が見えるサイズに調整できます。


3_.jpg


例えば、図面を1:4の尺度にプロットしたい場合、まず図面の注釈を注釈オブジェクトに変えます。ビューポートには、注釈の尺度は自動的に4:1に変えます。こうして、注釈はビューポートに見える状態となります。そして、図面を小さくプロットする時に、注釈は「消えてしまった」というような不安がありません。


バッチプロット

バッチプロットでは、境界線を定義し、「ZWPLOT」コマンドを入力するだけで、複数の図面を一度たけでモデルビューポートからプロットすることができます。より効率的なプロットプロセスが実現されました。

 

その他、ZWCAD2019には色々な改善点があります。例えば、画層プロパティ管理(画層プロパティ管理が出したままに、モデル空間での作図・操作はできるようになった)、Z軸トラキング(3Dビュー上で極トラキング機能)、ライトインタフェースへの切り替え(ユーザー様の好みによって、ダークとライト二つの選択りがあり)など。


ZWSOFTはいつでも、お客様のニースを優先にしています。当社はお客様のニーズに応じて、R&Dを第一に、絶え間なく製品を改善してきました。ZWCAD 2019もその使命を実現しました。新しい時代の新しい使命として、信頼できるCAD製品をお客様に提供することは、当社が一生懸命目指していることです。


詳細はZWCAD2019プレビュー版をダウンロードして体験してみましょう。


ZWCAD 2019公式バージョンは間もなくリリース!どうぞお楽しみに。

 

 

ZWSOFTについて

ZWSOFT社は世界で有名なCAD / CAM ソリューションサプライヤーです。AEC とMCAD業界に信頼性の高いCAD/CAM ソフトウェアサプライヤーとして、ZWSOFTの製品は20年間以上に渡り、2D及び3D設計者のニーズを満たしてき ました。現在、ZWSOFT製品は80か国で55万人以上のお客様に信頼されています。

© 2020 ZWSOFT CO., LTD.(Guangzhou) All rights reserved. Privacy Policy.

All other trademarks cited herein are the property of their respective owners.

For your better experience on our website and the display of relevant information, cookies will be used. Learn More