一分一CAD:一分間精度の高いLispを手に入れる

July 30, 2019     ZWCAD 2020チュートリアル

zwcad_lispdebugger

十年間のLisp作成経験を持つ、アプリケーション研究開発担当でZWCAD副マネージャのArphoneが役に立ちそうなヒントをいくつかシェアしてくれました。

ZWCADは最初のバージョンからLispをサポートしていますが、デバッガーは新機能です。そのため、以前、Lispプログラムをデバッグして間違っている箇所を発見したい場合、コードをZWCADコマンド欄に一行ずつコピーしなければなりません。しかし、この方法はうまく機能しない時もあります。これから、私が書いたこのプログラムを例として、FOOコマンドを定義して、BAR関数を呼び出ししてみましょう。


zwcad_lispdebugger_1

関数FOOの中にラムダ式を呼び出すmapcar関数があるので、これらのコードを1行ずつデバッグすることはとても難しいです。

しかし、今、ZWCAD2020にはLispデバッガーがあります。これにより、Lispプログラムをデバッグするのも簡単になりました。このツールは、実際にMicrosoft®の軽量で強力なソースコードエディタであるVisual Studio Codeの拡張機能であり、無料でオープンソースです。この拡張機能とVSCodeはZWCAD 2020とともにインストールされます。また、Microsoft®のウェブサイトからVSCodeをダウンロードし、その拡張機能市場からZWLispデバッガー拡張機能をインストールすることもできます。

zwcad_lispdebugger

1. Microsoft®拡張機能市場でのZwLisp

ZWCAD 2020ではどうのようにFOO Lispをデバッグするでしょう。まず、VSCodeを起動して、VLIDEまたはVLISPのコマンドを実行します。手動でVSCodeを起動できるかどうかの疑問を持っているかもしれませんが、私から見ると、手動での起動方法はやめたほうがいいですね。それはVLIDEまたはVLISPが、VSCodeを起動すること以外に、ZWCADにデバッグ情報を収集することの注意もできるからです。


zwcad_lispdebugger

2.VLIDEまたはVLISPVSCodeを起動するインタフェース

それから、VSCodeでソースファイルを開き、デバッグセッションを開始するために必要な設定をします。デバッグセッションを実行中のZWCADプロセスにアタッチするので、デバッグモードとして「Attach to ZWCAD」を選択します。新しいZWCADプロセスを開始する場合は、起動モードを選択します。


zwcad_lispdebugger

3.デバッグモードを選択

デバッグセッションが起動された後、ZWCADに戻ってソースファイルbar.lspをロードします。ZWCADはソースファイルのロード中に情報を収集する必要があるため、このステップはVLIDEまたはVLISPコマンドを実行した後にするのが要注意です。

zwcad_lispdebugger

4.ZWCADでファイルをロード

そして、FOOコマンドを実行します。例外が起こる場合、その位置、コールスタック及び各種のインフォメーションがVSCodeに表示します。

zwcad_lispdebugger

5.VSCodeでプログラムをデバッグ

エラーが発見された後、デバッグセッションは切断されます。それで再びFOO Lispをデバッグしたい場合、別のデバッグセッションを再起動する必要があります。

このデバッガーは、Lispプログラムの問題を発見するのにとても役立ちます。さらに詳しくお知りになりたい場合は、この動画をご覧ください。ご質問、ご不明な点等ございましたら、コメント欄よりお気軽にお問合せ下さい。



© 2020 ZWSOFT CO., LTD.(Guangzhou) All rights reserved. Privacy Policy.

All other trademarks cited herein are the property of their respective owners.

For your better experience on our website and the display of relevant information, cookies will be used. Learn More