ZWCAD 2022リリース_より速く、より快適な設計環境を提供

July 27, 2021     ZWCAD 2022 リリース

中国広州:2021年8月2日–本日、信頼性のあるオールインワンCAxソリューションプロバイダーであるZWSOFTは、主力CAD製品の最新バージョン、より高速で使いやすいZWCAD 2022を発表しました。

 

 

高速化に挑戦し続けるZWCAD

 

「ZWCADの新たな強みは、より高速であること」という立証し続けるために多大な研究開発投資が行われています。その結果、ZWCAD 2022では、図面のオープンとズームが40%、パンとポリラインの作成が80%、修正が60%、プロットがZWCAD 2021比で30%高速になっています。

 

さらに、納期ギリギリなプロジェクトでも納期を遵守したいというニーズに応えるため、スペシャルな機能を開発致しました。写真を撮るのと同じくらい簡単に、Flatshotを使って現在のビューから3Dオブジェクトの2D図面をすぐ生成して、図面変換の時間を節約することができます。

 

 

また、配列複写で、長方形、極、パスに沿ってオブジェクトを素早く配列することができるようになりました。調整もグリップをドラッグ、もしくは新たに追加された検索タブで編集することだけで、変更内容をプレビューすることができます。

 

 

たゆまぬカイゼンで、より良い操作性を

 

高速化だけでなく、ZWCAD 2022 は操作性がさらに向上しました。コンピューターがインターネットに接続していなくても、ライセンスをアクティベーションすることが出来ましたが、本verからスマートフォンでQRコードをスキャンすることで、ZWCADのライセンスを直接アクティベート出来るようになりました。

 

さらに、日本のお客様から要望の多かったクラシックメニューとリボンメニューを同時に表示できるようになりました。メニューを切り替えること必要はありません。

 

複数のビューポートがある場合は、Excelのように端部分ををドラッグしてサイズを変更することもできます。 新しいビューポートも、インターフェイスのフレームに近いエッジをドラッグすることで作成できます。

 

 

図1.クラシックメニューとリボンメニューを同時表示

 

ZWCADは様々なプラットフォームの核となるCADソリューションです。つまり、各種のファイルフォーマットをサポートする必要があります。今回の新バージョンでは業界標準の.ifcファイルがインポートできるようになりました。BIMモデルの詳細をすばやく確認するには、モデルスペースでパーツをクリックするか、またはIFC構造パネルの構造ツリーをクリックするだけです。

 

DATAEXTRACTIONを使って、これらのモデル情報を抽出してエクスポートすることもできます。

 

 

Beta版に対する皆様の貴重なご意見のおかげで、ZWCAD 2022は効率性、安定性、機能性が格段に向上しました。ぜひ、お試しください。

 

ZWSOFT社について

 

ZWSOFT社は、信頼性の高い革新的なエンジニアリングソフトウェアプロバイダです。主力製品はZWCADとZW3Dです。ZWSOFT社は、「オールインワンのCAxソリューション」で建築業界や製造業界などの多様な業界の幅広いニーズに応え、世界中のユーザーに完全かつシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供しております。業界で20年以上の経験を持ちまして、ZWSOFT社の製品及びサービスは、世界90カ国以上、900,000人以上のユーザー実績から実証されています。

© 2021 ZWSOFT CO., LTD.(Guangzhou) All rights reserved. Privacy Policy.

All other trademarks cited herein are the property of their respective owners.

For your better experience on our website and the display of relevant information, cookies will be used. Learn More