Blue Rhine社はZWCADへの移行でCADの生産性を向上

クイックリンク

提案

Blue Rhine社はZWCADへの移行でCADの生産性を向上

ZWCADの統合機能により、Blue Rhine社がソリューションをビジネスに簡単に導入できるようになりました。混乱は最小限に抑えられ、通常通りビジネスを継続することができます。

2024-01-22 10:00:00 286
Blue Rhine社

Blue Rhine社

Blue Rhine社は1996年に設立されて以来、ドバイに本社を置き、サイネージ、広告、LEDソリューションの製造と供給における有名なリーディングカンパニーです。同社は、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、オマーン、クウェート、カタール、エジプトを含むGCC地域において、倉庫とショールームを戦略的に配置し、強い存在感を持っています。

全文

ZWCADの統合機能により、Blue Rhine社がソリューションをビジネスに簡単に導入できるようになりました。混乱は最小限に抑えられ、通常通りビジネスを継続することができます。

 

ZWCADへのシームレスな移行でCADの生産性を向上

 Blue Rhine社は1996年に設立されて以来、ドバイに本社を置き、サイネージ、広告、LEDソリューションの製造と供給における有名なリーディングカンパニーです。同社は、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、オマーン、クウェート、カタール、エジプトを含むGCC地域において、倉庫とショールームを戦略的に配置し、強い存在感を持っています。

 Blue Rhine社は、小売、ホスピタリティ、ヘルスケア、自動車、政府、教育など、さまざまな分野向けにカスタマイズされた LED スクリーン、案内標識、屋内外用の看板・サインの製作を専門としています。同社は、卓越性への揺るぎない取り組み、そしてエンジニアリングおよびブランディングソリューションへの創造的なアプローチを探索し続けるということで、ドバイの大手デジタルサイネージ会社となります。彼らの情熱、決断力、技術的専門知識はあらゆるプロジェクトで輝きを放ち、お客様に優れたサイネージソリューションを提供しています。

 

設計課題を克服し、サイネージ設計のワークフローをシンプルに

 効果的なサイネージは、テキスト、タイポグラフィー、イメージ、シンボル、色、素材、照明などのさまざまな要素を含め、魅力的で、ブランドイメージやメッセージと一貫性のあるビジュアルコミュニケーションツールです。サイネージの設計には、学際的なアプローチが必要です。また、エンジニアリング、建築、グラフィックデザインの各分野の基礎知識に加えて、法律や言語の知識も欠かせません。

 「サイネージの設計、見積もり、製造、品質管理といった複雑なプロセスには、さまざまな課題があります。最終製品が期待に応えるように、細心の注意を払わなければならないです。そのため、標識の設計要件を満たす高機能な CAD ソフトウェアは非常に重要です」と IT マネージャーのデニー氏は述べています。

 さまざまな距離や角度から見やすく、読みやすいサイネージを設計するのは、確かに難しいことです。照明条件や背景の変化などによって、その難易度はさらに上がる可能性もあります。 CAD ソフトウェアを使用してデザインを実際のサイネージに変換するプロセスには、いくつかの重要な段階があり、それぞれが正確で視覚的に訴えるサイネージの作成に貢献します。

 Blue Rhine社は当初、業界をリードする別の CAD ソフトを使用してサイネージを設計していました。サブスクリプションベースで提供されていたため、使用にはコストが高いです。同社のレガシーコストが増加するにつれ、経営陣はよりコスパ高い、高性能なDWG ソフトウェアソリューションの導入検討が始まりました。

 オフィスでの会議中に、Blue Rhine社のチームは他国で働く同僚からZWCADのことを知り、ZWCADの使用経験がなかった彼らは、このソフトウェアが生産性向上に与える潜在的な影響に興味を持っています。

 Blue Rhine社は、最終的にZWCADを試してみることにしました。他のCADソフトとの強い互換性により、過去AutoCADに依存していた彼らはZWCADへのスムーズな移行ができます。 試用期間にZWCADはあらゆる課題に効果的に対応し、チームのニーズを満たすカスタマイズされたソリューションを提供しました。

 

 

 

ZWCAD: 画期的なマイルストーンを達成するための触媒

 ZWCAD を採用して以来、Blue Rhine社はサイネージやデジタルディスプレイを含む数多くのプロジェクトを成功させ、目覚ましいマイルストーンを達成しました。これらのプロジェクトには、EXPO 2020 ドバイ、シーワールド アブダビ、アブドラ金融街、ドバイ モール ザビール、ドラゴン マート ドバイなどの有名なベンチャー企業が含まれます。さらに、Blue Rhine社は、ナイキ、アディダス、アンダーアーマー、ザ・リッツ・カールトン・ホテルといった有名なリテール・ブランドとも協力しおり、その中にはZWCAD が大きな役割を果たしています。

 

 

 

最近の成果としては、Blue Rhine社がThe Dubai Mall Zabeelの拡張工事を成功裏に収めました。このプロジェクトにおいて、ZWCAD は測量、見積もり、設計、18 台のスタティックディスプレイの製作など、さまざまな段階で重要な役割を担っています。

 Blue Rhine社の熟練したチームは、ZWCADの高度な機能を最大限に活用しています。これらの取り組みは façade の専門家と緊密に連携し、設計要素のシームレスな統合を実現しました。

 

 

 

豊富な機能、手頃な価格、導入しやすいCADソリューション

 ZWCAD の強力な機能により、入札図面/製造図面/建築図面および仕様書、つまり設計意図全体を伝えるために必要な非常に詳細なドキュメントが作成できます。Blue Rhine社の設計チームは、この強力なツールを活用して、正確な設計を行い、詳細な設計図を作成しています。

 さらに、積算士はZWCADが測量、変動、原価計算のニーズを満たすには大きな価値があることに気づいています。視覚要素の調整においてのこのソフトの柔軟性と直感的なナビゲーションは、設計には不可欠であり、ZWCADは彼らの仕事にとってすでに理想的なパートナーとなっています。

「ZWCAD は AutoCAD によく似ています。お客様からが複雑な図面ファイルが送られてきたり、PDF から AutoCAD に変換しなければならないことがよくあって、その時ZWCAD は素早いです」とテクニカルデザイナーのMohd. Zaid G. 氏が言います。

 また、「トライアルとサポートの提供に関して、ZWCADチームは私たちが難題に直面するたびに、毎回デモを提供して助けてくれます。この移行のおかげで、インドチームに適応することができます」と IT マネージャーであるDenny氏が説明します。

 いくつかのサイネージプロジェクトを成功裏に完了した後、ZWCAD は、ユーザーフレンドリーなインターフェイスとローカルサポートにより、最良の選択肢として際立っています。他の CAD ソフトとは異なり、多くの学習を必要としません。これにより、学習コストがゼロになり、生産性が大幅に向上しました。

 「ZWCAD の統合機能により、ソリューションをビジネスへの導入が簡単になります。つまり混乱は最小限に抑えられて、通常通りビジネスが続けられます。このソリューションは永久ライセンスなので、コストが削減されます。OPECの支出を削減することができ、AMCに支払うだけでいいです。この地域での世界クラスのサイネージ製作、メガ・プロジェクトの成功にはZWCADが大きく貢献しています」と戦略ディレクターである Nita Odedra氏が述べています。